2007年09月09日

台風直撃の東北旅行

5日から8日までの3泊4日、東北に行ってきましてん。
東北6県を4日間で周遊する、という
聞いただけでクラクラするような強行軍のツアースケジュールなのに、
台風9号の打撃を受けて更にさんざんなものに(苦笑)。
まぁ、それはそれで貴重な体験、珍しい思い出になったと思うことにするしかないでしょ、って気分。

まだ台風が上陸する前の5日・6日はそれなりに順調だったんで、
キレイな写真も撮れたからよかったけど。

裏磐梯・五色沼の瑠璃色に輝く毘沙門沼
070905五色沼-毘沙門沼-1-s.JPG 070905五色沼-毘沙門沼-4-s.JPG

070905猪苗代湖-1-s.JPG るんるん今は〜もう秋〜 と歌いたくなるほど無人の猪苗代湖






070906牛タン串焼き(SA)-s.JPG バス・ツアーで楽しいのはトイレ休憩で立ち寄るサービスエリアの買い食い(笑)。仙台近くではやっぱり“牛タンの串焼き”など。美味しかったー手(チョキ) 侮れないぞSA。


070906白神山地-つりがね草-s.JPG 070906白神山地-暗門の滝-9つくばねa-s.JPG 070906白神山地-暗門の滝-3伏流水-s.JPG 
屋久島や知床と並んで世界自然遺産に指定されている青森の白神山地。
水がもんのすごくまろやか。持ってるペットボトルの中身を捨ててもゲットするに値するもの。日本はスゴイ!って思っちゃった。
いろいろ珍しい北の植物に遭遇したけど、なんせ世界遺産なので
石ころのひとつ、落ち葉の一枚も持って帰っちゃいけないの(涙)。
森林浴でマイナスイオン浴びまくり。
普段ボケた頭がちょっと冴えたような(錯覚か?)。

070907十和田湖-5-s.JPG 台風の雨に降られた十和田湖遊覧。だから余計幻想的で、いやぁ、その風景にホレちゃった。神話の世界って感じ。
 紅葉の季節が有名だけど、本当はいちばんいい季節はいろんな種類のサクラが咲き乱れる5月だって食堂のご主人が言ってた。ピンクのクラデーションになるんですって。それにその季節は美味しい山菜の珍しい料理がたくさんあるんだよ、って。絶対リベンジしてやるっ!
 その食堂で“ふきのとうの塩漬け”をタダで分けてくれて素朴な東北人気質に感動。それを薬味にしたざるそばがメチャ美味だったので褒めちぎった効果絶大(もちろんそんなつもりじゃなかったんだけど)。

070907台風の奥入瀬-3-s.JPG 楽しみにしていたのは清流で有名な奥入瀬渓流の散策。
でも台風の直撃で清流は濁流。バスを降りること叶わず。
昔はどんな大雨でも水が濁ることはなかったのに
植林のせいで、こんなことになっちゃった。
しばし行政に憤る。

こけしの工房なんか、こんなツアーじゃなくちゃ行くはずありません。
“こけし”をつくづく眺めたのは久々(爆)。
070908蔵王・遠刈田のこけし工房-1-s.JPG 070908蔵王・遠刈田のこけし工房-5-s.JPG

蔵王では通行止めで山頂のお釜(カルデラ湖)に行けなくなっちゃって、
30数年ぶりのゲレンデを懐かしく眺めてみたり、牧場でヨーグルトやソフトクリームを食べたりチーズを買ったり。
070908蔵王牧場-2-s.JPG

 あちこち訪ねるのも楽しかったけれど、いちばんオモロかったのは、同じバスツアー参加者たちの旺盛な購買意欲。東北自動車道を走りながらトイレ休憩に立ち寄るサービスエリアで、いちいち両手いっぱいお土産を買う。財布の底はザルか?戦利品の量たるやハンパじゃない。しかも“買い食い”も100%逃さない。すごかったぁあああ。

 このツアーは九州各地からの参加者ばかり(もにかるは羽田バスから合流)なので、どうやら東北の異文化(特に食文化ね)は全部仕入れて帰らなくちゃ気がすまない、ってことらしい(笑)。
 こちとら最後の方は疲れ果て、目では“黒毛和牛コロッケ”とか“岩魚の塩焼き”とか食べたくても胃袋が「いやん」と言うので、彼らのpワーがちょっと羨ましかったり。

 そうそう、彼らがいっちばん燃えてたのは、青森の宿の夕食にくっついてた“津軽弁講座”“ねぶたの跳ね飛び踊り講座”だったのーーー(笑)。津軽弁講座、全然発音できてなかった(汗)。
 

 
posted by もにかる at 01:15| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

★駆け足北海道A

札幌豊寿司.JPG


 北海道では観光バスのトイレ休憩の時まで、意地汚く買い食いに走ったmonical母娘。悲しいことに北海道で買い食いと言えば「じゃがいも、とうもろこし、ソフトクリーム」くらいしか思い浮かびませんでしたけれど、その3種類、どれも大満足で、何回も攻めてしましました。お陰で胃袋がカラになっていることがなく…。

 2泊3日の二日目の夜は「最後の夜だから」(笑)って、ネットで調べた札幌市内すすき野のおすし屋さんに行きました。ネットの情報が薄くて、細かい住所も店構えの写真も持ち合わせていなかったので、すすき野の大きな交差点からお店に電話。ていねいに場所を教えてくれたのはいいのですが大将が「で、何人?」と聞くではありませんか。

 お店に着いて初めてわかりました。カウンター席が8席、4人座れるテーブルが2つ、8人分の小上がり(小さな座敷)があるだけだったんです。
 うっひっひー、嬉しくなっちゃいました。なんか「私だけの秘密のお店」っぽいー!

あー、そこのお寿司の味が忘れられない。

「最後の夜」だからお金のことは気にしないという決死の覚悟。それでも食べながら実はビビってましたが。
「九州と横浜から来たから、いかにも北海道!っていうのをお願いします。ちなみにお酒はいただけませんので」のおまかせ。母ともども胃袋が大きくないので、刺身ではなく握りで。
 ヒラメ→ホタテ→トリ貝→イカ→ボタンえび→国産数の子→利尻のウニ→シメサバ→蟹の爪肉→卵焼き→マグロ中トロ→イカワタ。
 最後のイカワタはお隣のお客さん(常連さんっぽい)にそっと出されたのを、恐らく私たちがあまりに物欲しそうにしてたんでしょうね、それを察して出してくれたもの。ちなみにしめて2人で9450円。チップをつけて10000円。

 あぁあぁああ、グルメレポーターのようには味を表現できないし、下手な表現ではあのお寿司と大将に申し訳ない。
 とにかく何が困ったって、横浜に戻ってきてから、全然お魚を食べる気がしないんですーーー。

 でもこれからは「北海道に行ったら必ず行く店」が出来ました。それだけでもシアワセ気分!
posted by もにかる at 15:42| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

★駆け足北海道@

少しは涼しい北海道から横浜に戻ってみたら、
もっと涼しくなってました(爆)。
スタイリスト時代に某カメラ・メーカーのレンズの
カタログ写真撮影のロケで、
巨匠(故人)と北海道めぐりをしたのが20年前、
マーケッター時代に某航空会社の
北海道支店を覆面調査(笑)したのが10年前。
久々の北海道はでっかいどー(ふるっ!)。
初めてのプライベート旅行は2泊3日でも
仕事からの開放感は半端ではなく、とっても満足
手(チョキ)

060910なんちゃって三浦な添乗員さん.JPG
“なんちゃって光浦”な添乗員さん

くまささ茶.JPG
笹団子の味がした北海道限定“くまささ茶”。ビミョー。

雲海.JPG
本当は十勝平野が見えるはずだったけど、雲海もまた幻想的。

“北の国から”…富良野の風景

富良野1.JPG 富良野2.JPG
富良野3.JPG

やはりスケールがでかい。美瑛の風景。

美瑛1.JPG 美瑛2.JPG


以下は話題の旭山動物園。
決して大きくはないのだが、
ゆるやかな斜面を散歩しながら動物たちを見られるのが、
人気の秘密かもしれない。

旭山動物園1.JPG 旭山動物園2.JPG

旭山動物園3.JPG 旭山動物園6.JPG

旭山動物園7.JPG 旭山動物園8.JPG

旭山動物園9.JPG


posted by もにかる at 06:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

★梅雨明けした九州へ 横浜〜羽田空港

060728ベイブリッジ-1.JPG060728ベイブリッジ-2.JPG060728ベイブリッジ-3.JPG

父の三回忌で九州へ。
最寄駅〜羽田空港の直行バスの恩恵にあずかる。
毎月通るベイブリッジもお天気で見え方が違う。
約50分で羽田空港第1ターミナルに到着。
ちょうど昼時ゆえ、レストランを物色。
空弁を買うこともあるが、時間的に余裕があるので
中国料理の【赤坂璃宮】に決定。

060728羽田‐赤坂・離宮.JPG   060728赤坂・離宮ランチメニュー.JPG


飲茶セットのイメージで行ったけど
メニューを見て変更。

060728赤坂・離宮の冷やしそば-1.JPG


麺2種類、つけダレ2種類というアイディアはいいのだけれど
どうやって食べればいいのか、しばし考える。
本当は具を麺に乗っけてタレをかけて
ほどよく全体に味を絡めて食べたいところだが、それもままならず。

味は良かったし具も非常にお上品(笑)だけど
やっぱり食べ難かったのである。
ゴマダレはドロドロしすぎ。
posted by もにかる at 19:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

★赤牛キティ&黒豚キティ

060618赤牛キティ&・撻D謄」.JPG

060618myケータイストラップ.JPG

熊本空港で買ってきたキティのチャーム。

ANAのショップに九州全域のものがあって迷いに迷い

“動物シリーズ”にしてみた。

熊本は阿蘇の赤牛。いずれ馬(桜肉も名物)も登場するか。
鹿児島は黒豚。

たまたまストラップがチェーンになっていて
あれこれチャームを付けるのに好都合。

下の写真の細っこいのは東京・銀座の
“有楽町で会いましょう”キティ。
以前羽田空港で買ったもの。

いつか何かのソフトドリンクに付いてた
ワールドカップの公式マークチャームがむなしかったりして。

こんな幼稚なものジャラジャラつけて、フェラガモが泣くぜ。
posted by もにかる at 11:27| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

★九州:2ヶ月ぶりのご無沙汰でした

060514-15 003.jpg

毎月九州で1人暮らしをしている母に会いに行くのが
すっかり定期便になっていたけど、
4月は2週間近くも香港へ行っていたのでお休み。
2ヶ月ぶりの九州はすっかり初夏の装い。
GWのあとの最初の週末ゆえか
道も空の便も陸の便もがーらがら。

小旅行の旅の風景

060514-羽田空弁 寿司岩の穴子棒寿司.jpg 060514-九州新幹線つばめ.jpg
060514-九州の川べりゴルフ場.jpg 060514-駅のボンタン飴看板.jpg

上左:羽田空港空便「寿司岩の穴子棒寿司」 
   はずれの多い空便でこれは結構。
上右:九州新幹線「つばめ」
下左:豊かな水と緑 「つばめ」の車窓から
下右:九州名物「ボンタンアメ」の看板があったりする

で、たった2両の在来線に乗り換える(田舎なのよ…)
そのドアに見慣れぬステッカー。
060514-JR九州在来線のステッカー「床に座るな」.jpg

よほどそういう若者が多いパンチと見た。
 
posted by もにかる at 11:13| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

空から見た美しい富士山

2月25日、九州から羽田に向かう飛行機の窓から取った富士山。
あまりにキレイで、慌てまくってカメラを取り出した。

こんなに美しい姿の富士山が世界遺産に登録されないのは
ゴミが多すぎるからなんだって。
最近全体的にマナー低下してると思う。
一人一人が気をつければいいものを、「赤信号、みんなで渡れば――」状態。
こんな絵を自分の目で見ないと、気づかないんだろうな。

空から見た富士山1.JPG
空から見た富士山2.JPG


空から見た富士山3.JPG
posted by もにかる at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

博多の夜

image/sessesesse-2005-11-09T21:21:32-1.dataimage/sessesesse-2005-11-09T21:21:32-2.data久々の博多。キャナルシティのX'masイルミネーションは(というよりビル自体が)なんだかアジアのどっかの都市のものみたい。しかもこの電飾の前には〈似顔絵屋〉が店開きしているし。
夕食は中洲の屋台で素材を生かした和食を肴に飲み慣れないコップ酒。客どうしの会話もはずんで旅の情緒を満喫。明日はここから隣国・台湾へ。
温暖化の影響か、台北は29度もあるらしい。服装に困っちゃう(涙)。
posted by もにかる at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

ついてない移動日● 

月例の九州行き。飛行機飛行機は出発が遅れ、着いた空港からのバスバスは2分前に出てしまいダッシュ(走り出すさま)、次の便が2時間も後なので別ルート。バスと電車電車を乗り継ぐも、またしても電車は2分前に出てしまい20分待ち。
途中で豪雨雷雨 (もうやだ〜(悲しい顔))。やっと降りる駅に着くところ。所要6時間の号泣、じゃなくて豪雨。

050910古いJAS機内.JPG

急きょ機種変更になったJAS機の読書灯は
なんと手動スイッチたらーっ(汗)
posted by もにかる at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

杖立“極楽”温泉アルバム●

熊本県阿蘇郡小国町杖立温泉に1泊してきた。
ってどこよ、と思う向きには
2002ワールドカップの時にカメルーンがキャンプした中津江村のお隣り、
ってそれでもイメージわかないか(笑)。

とにかくものすごい山奥。
熊本市内から車で50分の熊本空港からさらにバスで2時間!

いちいちあれこれ書くのも大変なので
そんな山深いひなびた温泉町の様子を写真でご報告。


1風力発電.JPG 16杖立川全景.JPGなんと開湯1800年の歴史

23蒸し場.JPG 14蒸し場2.JPG
卵やイモ、野菜を温泉の蒸気で茹でる蒸し場は湯治客に人気

21泉屋外観.JPG 75湯煙.JPG
泊まったのは“泉屋”50年勤める番頭さんがいる

27泉屋階段.JPG 29泉屋石庭風呂.JPG
弱食塩泉。何十回“極楽、極楽”とつぶやいたことか。
 
31泉屋打たせ湯.JPG 32泉屋むし風呂.JPG
石庭風呂もよし、打たせ湯もよし。でも…
名物蒸し風呂の遠赤外線効果におっどろきー。
韓国の石室サウナ状態。岩盤浴状態。
お肌ツルツルのツルン!
 
58白糸の滝1.JPG 59白糸の滝2.JPG
苔むした山道を5分登れば“白糸の滝”

40薬師堂.JPG 39旧日田往還道.JPGこんな細い道が昔の街道だったとは

36夕暮れ.JPG 44もみじ橋.JPG
この「ひなびた」風情がなんとも言えず。
しかも温泉客の少ないことと言ったら!

88阿蘇外輪山と阿蘇市.JPG 98阿蘇外輪山と田んぼ.JPG
阿蘇赤牛の放牧が盛んなだけに牧草地がメインの阿蘇山系
posted by もにかる at 17:54| Comment(2) | TrackBack(1) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

杖立温泉●

阿蘇の杖立温泉に行ってくるっちゃ。
注意報出てるけど・・・
posted by もにかる at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

台風一過 猛暑の移動●

台風の影響を受けるかとハラハラしたけれど
うまいぐあいに台風は抜けてくれて
飛行機は無事に九州へ飛びそう。
Webチェックインは便利だけれど
当日の朝4時からしか受付けないのは不便
国内線も国際線と同じように数日前から
受け付けてくれい!

しばらく留守にする時はあれこれ手配が大変
新聞止めてベランダのプラントの自動給水の準備
マンションの管理室に届けを出して郵便物を管理してもらい
メールの転送設定をして…

というわけで8月4日まで九州。
父の一周忌
あれから1年も経ったなんて。
posted by もにかる at 05:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。