2007年03月14日

元の住まいに戻ります!

 香港行きの事前(心の)準備をすべく、香港政府機関東京事務所の方とランチ。現地でも会うのですがきっとお互いゆっくり話もできないので。

 それで帰宅して、念のためチェックしたら、元の住まいに回線が繋がりました。
なんでぇええええexclamation&questionexclamation&question


 というわけで仮住まいの不便な暮らしは数日で返上できました(ほんとかよ)。

 とは言え、今回の騒動でこちらのブログに初めていらっしゃった方は、こちらもどーぞご贔屓に!

1週間弱、お騒がせいたしました(ぺこり)。


香港へ行く前に治ってよかったです。

HongKong Addict Blog(本館)は
こちら
posted by もにかる at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨時 HongKong Addict Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラスチックの10ドル札

070314洋紫荊.jpg
 

今年6月から2年間、試験的に香港で“プラスチックの10ドル札”が導入されるそうですひらめき(中国返還10周年ということで) 透明な部分に10の文字と香港の花ボーヒニア(今の10ドルコイン&香港特別行政府の旗の柄:洋紫荊/はかまかずら)が透けて見えるらしいって話ですが、そもそも、すでにオーストラリアで出回っているプラスチック紙幣ってのを見たこともないもので、想像つきませんー。
 確かに半永久的に丈夫でしょうけれど、それって小さく4つにたたんで小銭入れに入れられないんじゃーーーーたらーっ(汗)

 今の新しい10ドル札が出た時は、夜にタクシーのおつりに混じってるを降りて初めて気づき、スーパーの福引抽選券かと思って「してやられた!」と思ったものですが(ドライバーはとんだ濡れ衣)、夏に行った時には心の準備ができていますわ(笑)。
posted by もにかる at 09:58| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 臨時 HongKong Addict Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

《加州紅903黃金組合音樂會 - 凸》

070313加州紅-凸.jpg


 都合で「今日は何の日」の更新をお休みしていますが、本日夜、香港會議展覽中心(香港コンベンション&イギジビション・センター)のホール3で開催される

【加州紅903黃金組合音樂會 - 凸】

これ、陳奕迅(イーソン・チャン)と陳冠希(エディソン・チャン)とEric(郭偉亮:エリック・クォック)が臨時にグループを結成してパフォーマンスするものexclamation×2 なかなか面白い組み合わせで興味津々です。音楽総監はエリックと以前“SWING”というユニットを組んでいたGerald

ところで上記ポスター写真の『凸』の横についてるのは、
もしかして「ダァ〜」でしょうか。

音楽会のタイトルが「ダァ〜」とはわーい(嬉しい顔)

ちっちゃい「ァ」がダメ押しでついてるところが(笑)
posted by もにかる at 09:53| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 臨時 HongKong Addict Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へ… 17.56円・・・(汗)

毎月、九州か香港のどちらかに行ってるもので(苦笑)、年がら年中旅の手配師という風情のmonicalです。

で、今JALのサイトを見たら、3/13の為替という欄に

「香港/1香港ドル = 17.56円」どんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)パンチ

いつの間にこんなことに〜〜もうやだ〜(悲しい顔)


ヘビー・マイラー(笑)としてはカードを使ってせっせとマイレージを貯めるべきなのか、
今回はホテル代(長いので大変です)も含めてキャッシュで払うのがいいのか激しく動揺してる… うぐ…

1996年、1HK$=10円だった時が懐かしいです。
タグ:香港ドル
posted by もにかる at 09:16| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 臨時 HongKong Addict Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

《第一回亞洲電影大獎》の豪華ゲスト

 たかのひろこさんのブログ雕刻時光 movie cafeで3月20日に香港コンベンションセンターで開催される《第一回亞洲電影大獎》の豪華なゲストを知りました。きゃぁーーーぴかぴか(新しい)

チョン・ジフン(Rain) イム・スジョン ソン・ガンホ キム・ヘス チョン・ウソン イ・ビョンホン 趙薇(ヴィッキー・チャオ)范冰冰(ファン・ビンビン)蕭芳芳(ジョセフィーン・シャオ)

司会が
呉大維(デビッド・ウー)、王敏徳(マイケル・ウォン)、莫文蔚(カレン・モク)、薛凱h(フィオナ・シッ)
ということは英語ですね(ちょっと涙)。当然と言えば当然だけど。

 先日事務局に取材の申し込みをしたら「誰々という人間がいるから当日言ってくれ」という、はなはだ不安たらーっ(汗)なメールが参りまして…初めてのことなのであちらの対応もこんなものかと。

 あー、林憶蓮(サンディ・ラム)のナマ歌を久々に心底胸に吸い込みたい感じ。かつて“アジアいちアジア的なる美声”と言われていましたから。

 先日開催された《香港電影評論学会大賞》の授賞式に、ノミネートされた面々の多くが欠席だったそうですが、これだけ豪華なゲストそろえて、まさかそれはないですよね、香港スターのみなさ〜ん

 どちらにしても3/20はかなり気合を入れないと香港プレスに踏み潰されてしまいそう…(入れて、の話ですが)

ノミニーリストは以前のこちらの記事で。
posted by もにかる at 17:54| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 臨時 HongKong Addict Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成龍、劉徳華 どちらも芸歴長すぎて…

HongKong Addict Blogが、なぜか管理サイトに入れない不具合が発生しているため、臨時でこちらに引越しをしています

050322-1.JPG 0402.JPG

photo by monical&memi


下旬にしばらく家を空けるので、今から31日六本木のシネマート塾【ジャッキー・チェンとアンディ・ラウ、トップスターとして、映画人として】の準備を始めています。

 が、この2人ったら十分にながーい芸歴なわけでして、それを2時間(正味1時間45分)の中にどうやって収めようかと汗かいていますたらーっ(汗)。2人とも自伝の1冊や2冊はストーリーを持っている人なので。
 でも新しい切り口や視点を探すのは“好きなジャンルに限っては”とても楽しいことです。あれこれ資料を整理しているうちに、うっすらアイディアが浮かんできました。
 香港の空気を吸ったら、いっそういいイメージがわくかしら…

シネマート塾の詳細はこちらで。
posted by もにかる at 00:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 臨時 HongKong Addict Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

『プロジェクトBB』川崎TOHOシネマズ先行上映

HongKong Addict Blogが、なぜか管理サイトに入れない不具合が発生しているため、臨時でこちらに引越しをしています

『プロジェクトBB』香港.JPG


3月17日(土)の18:30からTOHOシネマズ川崎で成龍(ジャッキー・チェン)、古天樂(ルイス・クー)主演『プロジェクトBB』の特別上映が行われるそうです。
こちらをご覧ください。
チケットはインターネットでも買えます。
知ってる人が少ないのか、10日の0時からインターネットで買えたんですが、まだ「◎余裕あり」になっています。→ こちら

ま、焦らなくても4月7日には全国公開初日を迎えるんですが。
posted by もにかる at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨時 HongKong Addict Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九龍酒店Kowloon Hotelの長所短所

HongKong Addict Blogが、なぜか管理サイトに入れない不具合が発生しているため、臨時でこちらに引越しをしています

X-1.JPG
 
2月の旧正月期間の香港旅行では九龍・尖沙咀(チムサーチョイ)のど真ん中、九龍酒店(カオルーン・ホテル)に宿泊しました。ツインルームのシングルユースです。1度シングルの部屋に泊まったら「入ったらゴンどんっ(衝撃)」みたいな狭さでスーツケースを広げる場所もなくあせあせ(飛び散る汗)、いちいちベッドに上げたり下ろしたりで辟易したので、それ以来ずっと。

九龍酒店-2.JPG九龍酒店-.JPG

フロントやロビーは旧正月のお飾り一色で、チェックインタイムには「うー、旧正月に来ちゃった」とウキウキしてみたり。

前回宿泊した時は“サービス向上”のシンボル、ピースマークの黄色いバッジをつけた女子フロント係の態度の悪さに激怒パンチしたんですが(苦笑)、今回はすっごーーーく感じのいい男子で難なくクリア。

だがしかし。
部屋に入ったらトラブル続きでテンション一気に下がりましたバッド(下向き矢印)
むかっ(怒り) セーフティ・ボックスが壊れていた
むかっ(怒り) お風呂の栓がしまらなくてお湯がたまらない
むかっ(怒り) トイレが流れないたらーっ(汗)
むかっ(怒り) 前回からそうでしたがインターネットが24時間120HK$(1900円)の一律料金(以前は時間で三段階に分かれていました)

これって香港滞在における「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」(日本国憲法ですけどね)が著しく侵害されています。
ビロウな話で恐縮ですが、三番目なんて流して初めてわかったことで(汗)、バスルームのプラスチックのゴミ箱に水を貯めて流してからクレームつけたりしました(苦笑)。

“個人客向け高級ビジネスホテル”的存在価値があったので、以前はタダでインターネットができました(日本語入力不可)。今は見回したところどうもただの“ツアー客向け立地良いホテル”なってしまったみたいで、それなのに半日以上出かけてる客に向かって1日120ドルとは、ふざけた話ですパンチ

ペニンシュラ・グループだった時は、それなりにプライドのある「リーズナブルでペニンシュラ・サービス」という姿勢がうかがわれましたが、香港のホテル業界はご存知のようにしょっしゅう親会社が変わるその波にのまれ、今はハーバープラザ・グループ。ハーバープラザはハチソン・ワンポアと長江實業が最初にホンハムに作ったホテルです。97年の中国返還の時には江沢民総書記が滞在したり、香港コロシアムに近いということでコンサートを開くスターが泊まったり、映画のロケ記者会見に多用されて有名でしたが、最近はあまり噂を聞かなくなりました。後に対岸の北角(ノースポイント)にも出来ましたが、そちらはもっと評判すら聞きません(笑)。monicalも未経験。

オーナーが変わってもスタッフはそのまま、ということが多いのが香港ですが、デキル人材は引き抜かれたりするのは世の常。
九龍酒店も建物が古いから不具合があちこち出てくるのは仕方ないと思うのですが、人材教育のレベルが低すぎます。

monicalが今回いちばん感じたのは、ハウスキーピングの教育がなってないということ。
毎朝必ず、エレベーターホールに行くまでの廊下で会うでしょ?
挨拶もしないんですっ。
熊本日航ホテルに研修に行け!
って唐突ですが、monicalが国内外で宿泊したホテルで
今まででいちばん素晴らしい対応だったのはお正月に泊まった熊本日航ホテルでしたもので(笑)。あ、ちなみに日航香港は…名言は避けることにします、最近泊まっていないし。

さて九龍酒店の現在の長所…
立地がいい、それしかありません(苦笑)。
ただし、HMVは引越しをして情けない品揃えになり近所の利点は薄くなり、スターフェリーは乗っても中環(セントラル)側の乗り場が香港駅IFCの方に引っ越してしまったのでかなり不便。

便利な点をあげるとしたら
◆近所に24時間のスーパーがあること
◆近所に銀行があること
◆近所にESPRITのアウトレットがあること
(笑)

もう1つ、ホテルの地下1階地下2階全部が西武デパートになって、これだけが今回最大の収穫でありました。その様子はまた改めてアップします。こっちのブログ向けの話題でもありますし。
posted by もにかる at 09:41| 東京 ☔| Comment(17) | TrackBack(0) | 臨時 HongKong Addict Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。