2007年01月10日

『蒼穹の昴』にどっぷり

070110【蒼穹の昴】.JPG


いま、むちゃくちゃこの本にはまってます。
そもそもの発端はまもなく公開になる中国映画『墨攻』。
これ、酒見賢一が書いた中国の時代小説を香港の監督が
香港と中国と韓国の俳優・スタッフを使って製作した映画。
日本人が書く中国の時代小説に興味を持って行き着いた本。
読み出したら止まらない!
あー、映画にならないかなー。

[タイトル] 蒼穹の昴(1)
[著者] 浅田 次郎
[種類] 文庫
[発売日] 2004-10-15
[出版社] 講談社



4巻それぞれのあらすじは文庫の裏というサイトで確認できます。
posted by もにかる at 00:49| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

雑誌:【遊歩人】

紙.JPG


毎日通る書店の店先のフリーペーパーの棚に毎月あるこの“遊歩人”という月刊誌、
後ろには200円と書いてあるのだけれど…
毎月これをゲットするのが結構なお楽しみ。
B6版80頁足らずのサイズは、電車の中とかお風呂の中とか
寝る前にベッドでとかに、なかなかちょうど良いサイズ。
しかも肩のこらないエッセイがたくさん。

なぜだか筆者は中高年以上なのだ。
だから少々古臭くはあっても、
非常にまっとうな美しい日本語に触れることができる。
日ごろ愛読している雑誌とはまるで違う風情。行間の愉しみ。
少々物を書く身としては
言葉の言い回しや、昔ながらの丁寧な言葉遣いが参考になる。

自分ももう少し年をとったら
こういう老獪な文章を書きたいものだと思うが
何もかもワープロまかせで
すっかり自分では漢字を書けなくなってしまって
反省することしきり。

高校生の時、むさぼるように読んでいた筒井康隆。
彼の連載「現代語裏辞典」も楽しみ。
この3月号は《たぁ〜たぃ》の言葉が並ぶ。
こんな感じだ。
ダーウィン・・・猿の神様。
ターザン・・・・ジャングルの中心であーああーと叫ぶ。
ダーツ・・・・・憎いやつの顔を的に貼り付けるのが上達の秘訣。


自分だったらどう書くかしら、と考えながら読んで今日も頭の体操。
posted by もにかる at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

★飛行機の中で読んだもの★

 本日九州へ移動。飛行機の中でまず広げたのは朝日新聞土曜朝刊に入る「be」 。これ結構面白情報満載で愛読している。
 レギュラーコーナーでアンケート分析があって、
今回のお題は「若さ」。


若く見られたいと思いますか?という質問に対し71%が「はい」の答え。意外と少ないんだな。どんな時に若く見られたいかというと「同窓会」「初対面の人に会う時」のふたつがダントツ。
 若くないと思うのはどんな時かという質問は
1位「白髪、しわを発見」

2位「名前などを思い出せない」

3位「鏡などをふと見た時」

そうそう!


中に最高のエピソードがあって、58歳の女性が「交通事故にあった時、電話で救急車を呼んでくれた人が『被害者は20代くらいの女性』と言っていて痛さを忘れた。一生の思い出」だって。きっとその人、白髪もシワもなくてきっと色白、なんて想像してしまう。うらやましい限り。痛さも忘れたって、それほど「若い」と見られるのは女性にとっては嬉しいことなんだ。

 さて、その後におもむろに開いたのは、ちょうど朝届いた雑誌
「化粧文化」

化粧品のポーラの文化研究所が発行しているヒジョーに堅い学術誌なのだが、
これがまだ「アンチ・エイジング特集」

だったのには驚いた。

050611化粧文化.jpg


女性のライフスタイルの変化におけるアイデンティティとしての化粧が持つ意味の変化とか、学術的に加齢するとはどういうことか(顔に関して)とか、珍しくしっかり楽しく読んでしまった。中に靴デザイナーの高田喜佐さんの「靴は、私のライフスタイル」というイラストエッセイ。初めて履いた靴から64歳の現在までの靴の歴史がほのぼのとしたイラストと文章で綴られて「化粧文化」というより「クロワッサン」みたいだ。
 というわけで、いつも退屈して爆睡してばかりの飛行機の中で、
久々ちょぴりアカデミックな気分に浸った90分の空の旅ということに。
posted by もにかる at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。