2006年07月19日

★文化放送移転

060718文化放送移転.JPG


四谷2丁目の主?、文化放送が建物の老朽化と世のデジタル化のために、
浜松町にお引越し。

人生につきまとう“縁”を信じて疑わないもにかる。
幼少期、このすぐ近所の幼稚園に通い
「あそこはお化けが出るから行っちゃダメ」と母にクギを刺されたっけ。
卒園してからン十年後、
2000年12月のBSデジタル放送開始の折に
人づての紹介で番組のパーソナリティをやることになって
それこそン十年ぶりにこの古い教会建築の社屋を訪ねた時、
思わず幼少期の記憶を頼りに周辺を懐かしく散策した。
そう言えば、ここに越路吹雪の家があったとか
もう1つのミステリー・ポイント、『四谷怪談』のお岩の井戸があったなとか。

もちろん社屋に入ったのはその仕事の時が初めてで
真鍮のドアノブとか
木枠ドアのカットガラスとか
歴史を感じさせる階段の手すりとか
ものすごくノスタルジーを掻き立てられたものだった。

スタジオはどこも形や広さが全然違って
特殊な設計であることが明白だった。

「55年間ありがとう、四谷」という正面玄関の垂れ幕を
建物取り壊し工事が始まる前に
写真に撮っておこうかな、と思う今日このごろ
なんせラジオの深夜放送で育った世代だから、
本当にお世話になったんである。
posted by もにかる at 11:11| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 今日のニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
55年で建て替え・・・
オランダなんかじゃやらないと思う
住むとこなくて賃貸を探してたのだが
築280年なんてのもあった
典型的なお化け屋敷風なので
断ったけど・・・
Posted by kou at 2006年07月20日 16:57
kouさん
日本は今、耐震構造の基準が厳しいですからね(笑)。第二次大戦の戦火を免れて数百年生き延びている建物はあまり東京にないかも。自社ビル(というより教会だけど…カトリック放送局が原点だから)のインフラをデジタル化のために全部やり直すなら越した方が得策と私は思います。そしたら引越し代捻出のためにマンションに建てかえるのも仕方ないかも知れません。ラジオ局、大変ですから。
Posted by もにかる at 2006年07月20日 18:34
そう言えば、大阪の方のカトリック教会で、
いつまでたってもパッとしないので(儲からなかった?)、土地を住宅会社に売って閉めちゃったところがあります。
夏になると、とても葡萄がよく生ったので、子供のころ一つ摘んで食べたところ、どっからともなく現れた宣教師さんにゴッツイこと怒られたのを覚えてます。今思うと、暇なんで見張ってたのであろうし、(経営が?)大変なのでストレスも溜まってたのであろうと思います。
Posted by kou at 2006年07月21日 10:40
kouさん
教会もお寺も経営センスが必要ということですね。もにかるもカソリック系幼稚園、小学校の時は教会の無料の絵画教室に通ってました。口から生まれたようにお喋りな子供だったのでよく叱られましたっけ。はは。
Posted by もにかる at 2006年07月21日 12:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お疲れ様。四谷局舎の文化放送
Excerpt: 「♪キュッ、キュッ、キュッ、QR ランランラジオはQR 文化放送、文化放送、JOQR」QRソングで御馴染みの文化放送。 開局時から放送してきた四谷の局舎が 24日午後1までの放送を最後に港区浜..
Weblog: ナナシ的エンタメすたいるNet
Tracked: 2006-07-20 00:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。