2006年07月31日

★蝶々と蝉

060731八代蝶々.JPG

時計朝5時30分。もう飛ぶ力もなくなってるみたい…


060731八代夜明け前.JPG

夜明け前の球磨川支流・前川・・・静謐


060731八代庭の蝉-2.JPG

庭の笹に止まったセミ。
超望遠で網戸のこっちから撮ってみた。
実際はうっとうしいくらいジージー眠い(睡眠)うるさいのふらふら
posted by もにかる at 09:56| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

★すずめピーピー 蝉ジージー(暑っ!)

夜明け前に家を出ると
近所の博物館にスズメ大集合で物凄い大合唱なの。びっくりー。


060730博物館のスズメ軍団-1.JPG


遠目にはこんな感じなんだけど
アップにすると・・・


060730博物館のスズメ軍団-2.JPG


こんな状態。うるさいのなんのってたらーっ(汗)


ところがこれが、日が昇った瞬間から
周囲の大木の蝉たちが目を覚ましてジージーの大合唱。


晴れ暑苦しいことこの上なし。パンチ爆弾


posted by もにかる at 12:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

★野菜高いからゴーヤー料理

060729ゴーヤ・チャンプルー.JPG


九州は豪雨が去って梅雨が明けたらいきなり熱風地獄。
朝のウォーキングは5時台じゃないと汗ダラダラ…

豪雨のおかげで野菜高騰。
暑すぎて食欲も減退ということで
手近なゴーヤーで夏バテ対策。

【自己流ゴーヤ・チャンプルー】
※ゴーヤは細長くしまって色が濃いものの方が苦い。
 ラグビーボールのように短くてコロンとして緑色が浅いのは苦くない。

かわいいゴーヤは縦2つ割りにしてワタをとってから5ミリの薄切りに。
かわいい木綿豆腐は水きりしておく。
かわいいフライパンにごま油を熱してゴーヤともやしを強火で炒める。
かわいい堅めの木綿豆腐を手でざっくりちぎりながら投入。
かわいいナンプラーと化学調味料を加えて味を馴染ませ、最後に溶き卵1個を回しいれ、フライパンをあおって(鍋フリ)全体をほどよくミックス。

他のおかずは焼きなす(こっちのナスは長さ25センチもある!)とトコロテンとカレイの塩焼き。

食事のあとで“ぴーかんバディ”を見たら「ゴーヤの健康効果」をやってて笑い。
posted by もにかる at 23:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

★梅雨明けした九州へ 横浜〜羽田空港

060728ベイブリッジ-1.JPG060728ベイブリッジ-2.JPG060728ベイブリッジ-3.JPG

父の三回忌で九州へ。
最寄駅〜羽田空港の直行バスの恩恵にあずかる。
毎月通るベイブリッジもお天気で見え方が違う。
約50分で羽田空港第1ターミナルに到着。
ちょうど昼時ゆえ、レストランを物色。
空弁を買うこともあるが、時間的に余裕があるので
中国料理の【赤坂璃宮】に決定。

060728羽田‐赤坂・離宮.JPG   060728赤坂・離宮ランチメニュー.JPG


飲茶セットのイメージで行ったけど
メニューを見て変更。

060728赤坂・離宮の冷やしそば-1.JPG


麺2種類、つけダレ2種類というアイディアはいいのだけれど
どうやって食べればいいのか、しばし考える。
本当は具を麺に乗っけてタレをかけて
ほどよく全体に味を絡めて食べたいところだが、それもままならず。

味は良かったし具も非常にお上品(笑)だけど
やっぱり食べ難かったのである。
ゴマダレはドロドロしすぎ。
posted by もにかる at 19:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

★夏の焼きそば 苦瓜と牛肉の牡蠣油炒めで

060721夏の焼きソバ(ゴーヤ).JPG


夏の旅行計画をグズグズしていたら、長丁場の仕事が入っちゃったふらふら
間で2泊でも行けるといいけれど。
とりかかったおびただしいソフトの整理、なんとか今月中に目処をつけなくちゃあせあせ(飛び散る汗)

今夜は焼きそば。
大好きな苦瓜(ゴーヤ)と牛肉のオイスターソース炒めを具に。

かわいいゴーヤは縦に二つ切り。白いワタの部分をスプーンですくって、ナナメの薄切りにしておく。

かわいい焼肉用の牛肉(少し厚め)をゴーヤとバランスがいい大きさに細く切り、酒と片栗粉少々をまぶして馴染ませておく。(本当はここに卵白を加えて一度油通しすると本格的なのだが割愛)

かわいいフライパンにほんの少し油を入れてショウガのごく細い千切りで香りづけ。市販の焼きソバ(蒸し麺)を入れて中火で気長にこんがりと炒める。皿にとって冷めないようにラップをかけておく。

かわいいフライパンにゴマ油少々、ごーヤ、もやし、牛肉を炒める。肉に火が通りかかったら紹興酒と胡椒を振り入れて更に炒める。

かわいいオイスターソースを1カップくらいの水で薄めたものをダッとかける。味見をして、オイスターソースか醤油で調整。

かわいい最後に水溶き片栗粉でとろみをつける。

かわいい焼きそばにトロリとかけて。好みで食べる時に酢など。
posted by もにかる at 23:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

★文化放送移転

060718文化放送移転.JPG


四谷2丁目の主?、文化放送が建物の老朽化と世のデジタル化のために、
浜松町にお引越し。

人生につきまとう“縁”を信じて疑わないもにかる。
幼少期、このすぐ近所の幼稚園に通い
「あそこはお化けが出るから行っちゃダメ」と母にクギを刺されたっけ。
卒園してからン十年後、
2000年12月のBSデジタル放送開始の折に
人づての紹介で番組のパーソナリティをやることになって
それこそン十年ぶりにこの古い教会建築の社屋を訪ねた時、
思わず幼少期の記憶を頼りに周辺を懐かしく散策した。
そう言えば、ここに越路吹雪の家があったとか
もう1つのミステリー・ポイント、『四谷怪談』のお岩の井戸があったなとか。

もちろん社屋に入ったのはその仕事の時が初めてで
真鍮のドアノブとか
木枠ドアのカットガラスとか
歴史を感じさせる階段の手すりとか
ものすごくノスタルジーを掻き立てられたものだった。

スタジオはどこも形や広さが全然違って
特殊な設計であることが明白だった。

「55年間ありがとう、四谷」という正面玄関の垂れ幕を
建物取り壊し工事が始まる前に
写真に撮っておこうかな、と思う今日このごろ
なんせラジオの深夜放送で育った世代だから、
本当にお世話になったんである。
posted by もにかる at 11:11| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | 今日のニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

★武道館のCOLDPLAYに行って来た

X&Y
COLDPLAY “X&Y”Toshiba EMI
 

 友達に誘われて久々洋楽のコンサートカラオケに出かけた。うー、仕事関係ないと、それなりに楽しいぞぉお!おっしゃれーだぞぉおお!

 普段too muchなアジアのコンサートに慣れている目には、足し算どころか引き算の美術演出やステージ演出が実にイングランドっぽいのだ。

 遠い昔、イギリスの音楽や映画に心酔していたころを思い出した(すっかり忘れていたのよたらーっ(汗))。

 友達と後で話していたのだけれど、特別楽器が上手なわけでもないのに、満杯の会場全部が陶酔しているハートたち(複数ハート)のは、彼らのセンスが上等だからだ。

 席がステージの真正面の2階の1列目。これがまたサイコーexclamation 眼下1階中央のPAボックスにはカメラが1台セットされ彼らの家族らしき人々数名のシートも。

 カメラにはセットリストの紙がぶら下げてあって、持参したオペラグラスで始まる前にしっかり確認しちゃったもんねわーい(嬉しい顔)

 なんとアンコールにはクリス・マーティンがPAボックスに乱入、お立ち台状態で熱唱exclamation×2 “手を伸ばせばそこに”状態、シアワセだった…

 そしてこの席最大の収穫は、クリスの姉さん女房、アカデミー女優のグウィネス・パルトローぴかぴか(新しい)と彼らの愛娘をバッチリ観察しちゃったことexclamation×2exclamation×2 ちっちゃなお姫様は食べちゃいたいくらい可愛かったのexclamation×2exclamation×2exclamation×2 2歳くらいかしら、ちゃんとパパの音楽に合わせて体ゆすってた(笑)。
posted by もにかる at 23:56| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

★出かけるには酷な一日

暑すぎっ晴れ晴れ晴れどんっ(衝撃)

こんな日に限って打ち合わせで外出。
しかも東横線、踏み切り人身事故でダイヤめちゃくちゃ。
早めに出たのでアポ時間に5分遅れただけで済んでよかった。

1時間ほど話し込んで恥ずかしながら初めての表参道ヒルズへ。
けやき並木の歩道、濃い影があっても暑すぎて人通りが少ないのが妙。

参道ヒルズ-1.JPG   参道ヒルズ-2.JPG

でもどうなの、ここ… もにかるにはあまり面白くなく…
昔のツタのからまる同潤会アパートのほうが良かったようもうやだ〜(悲しい顔)
ブランドに頼らないオーナーのセンスだけで勝負してる店が多かった。

もっと昔は友人の設計事務所が入っていたっけ。
それよりもっと前は小学校の教頭先生が住んでた・・・

早々に退散してキャットストリート近辺をブラブラ。
通りがかりのトラットリアVINO E PASTAで1人ランチレストラン
味はナイスだが、サービスはいまひとつ。
テーブル数もお客も少ないのに
「どこまで材料買いにいってんだ」と思わせる遅さ。
最後のコーヒーまでも。
ま、今日は腹をくくってのんびりを決め込んだからいいけど。

060714原宿のトラットリア Vino E Pasta.JPG 060714Vino E Pastaの13種類の野菜のサラダ.JPG 060714Vino E Pastaペンネ・アラビアータ.JPG

明治通りを渋谷方向に戻りつつ
途中でVIVIAN TAM(ヴィヴィアン・タム)のセールに引っかかり。

次なる目的地は渋谷のTOWER RECORDS(タワレコ)。
が、その1歩手前のドトールに長っちり。
そこで『愛と死の間で』(8/12シャンテシネで公開される香港ラブストリー)のプロデューサー兼主演の劉徳華(アンディ・ラウ)に関する本(中国語&英語)本を読破。

去年の香港国際映画祭(香港)で組まれたアンディ・ラウ特集の公式本。
ロング・インタビューが目ウロコ、途中でやめることができなかったわけ。
やっぱりスゴイ人なんだな、(まだ生きてるのに:笑)特集されるだけあって。

タワレコも久々で上から下まで舐めるように眼鏡
掃除やエクササイズの時にかけようと思って
“Chai dance!”(東芝EMI TOEC-26036)を買う。
これ、サントリーのウーロン茶CMソングコレクションの
ディスコ・チューン・アルバム音楽。これについては後日。
posted by もにかる at 21:09| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

★鳥と冬瓜のスープ

060713鳥と冬瓜のスープ.JPG


偶然なんだけど、今日の食事は昼夜ともに“瓜”系

昼食は“牛肉とゴーヤ(苦瓜)のオイスターソース炒め”を豆腐にとろりとかけて。 (写真撮り忘れあせあせ(飛び散る汗)

夜は写真のスープ。
時間がない時に重宝しているフィスラーの圧力鍋で作った。

かわいい鳥の手羽元、生姜ひとかけを包丁の背で叩いたもの、冷凍してあったネギの青い部分10センチを3本。

かわいいこれを圧力鍋に入れてヒタヒタの水。

かわいい強火にかけて高圧(2本線)になったら極弱火にして8分。

かわいい水で急冷して蓋を開け、面取りした冬瓜と塩を入れ、
再び蓋をして強火にかけ、弱圧(1本線)で極弱火2分。

もうこれで出来上がり。シンプルで爆発的に美味いぞぉおわーい(嬉しい顔)
posted by もにかる at 23:00| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

★ファンの右往左往

『愛と死の間で』メイン.JPG


いやぁ、もう大変であ〜〜〜る。
8月12日から日比谷シャンテシネで公開になる香港映画『愛と死の間で』のプロモーションに、プロデューサーであり主演もしてる劉徳華(アンディ・ラウ)←『インファナル・アフェア』の片方…が来日して24日と25日にイベントを行う。
その抽選になんとか当たろうとファンは命がけで右往左往。
韓流よりずっとずっと前からの現象だから、どのファンもいっぱしにノウハウを持っている。
だからそう簡単にイベント入場権はゲットできないの。

何をかくそう、こやつは、もにかるの人生を狂わせた張本人であり(爆)、
気がつきゃこやつの出演作品DVDの字幕なんかやってる昨今。

でも昔みたいに「いったいどこからそんなエネルギーダッシュ(走り出すさま)が」というそのエネルギーも、良いアイディアも湧いてこないのよ、年のせいでパンチ
posted by もにかる at 15:57| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

★夏野菜と豆腐そうめんの冷製パスタ風

この前はイタリアンで写真撮り忘れ、おとといは赤坂・四川飯店で写真を撮り忘れあせあせ(飛び散る汗)
 食べること大好きな友人たちだけど、やっと到来した会えるチャンスには、お喋りの魅力の方が何倍も大きいってこと。

 今夜は台湾のスーパーアイドル、呉建豪(ヴァネス・ウー)の東京国際フォーラム公演。同じアジア仲間の、これまた久々に会う親友とはコンサートの前にお茶して、終わったらそのままどこかで食事するのだけれど、きっとまた忘れるのは明白。なので昼食の写真でごまかすことにする。

060708夏野菜と豆腐そうめんのサラダ.JPG


かわいい 下に敷いてあるのは、毎度お馴染み、紀文の“そうめん風とうふ”。
かわいい 具材は、ゴーヤ・アスパラ・エリンギ・レッドピーマンの薄切りを軽くチンしたもの。それと冷やしトマトのサイノメ切り。
かわいい ドレッシングはオリーブオイル、梅酢、塩、胡椒、イタリアンハーブミックス(ドライ)、とんこつラーメントッピング用揚げニンニク。梅酢を多めにしてサッパリ感を求めた。

そしてデザートは… 

060708ゴーフレッタ.JPG


近所のコンビニでなぜか夏しか置いてない箱入りアイス、センダンの“ゴーフレッタ”。これ1個102Kcalの割には満足度が高くて重宝してる低カロリーデザート。

posted by もにかる at 14:33| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

★冷やしトマトのキュウリ・ドレッシング

トマトと寒天のキュウリドレッシング◎-s.JPG


今夜は外メシ・イタリアンの予定。
なので、昼食は極力カロリーを抑えた。


完熟トマト(ミディアム・サイズ)を櫛形に8等分×3個。
固めた寒天(市販品)を拍子木に切る。


 さてソースは何にしよう…
で、思いついたのが
 きゅうり1本をおろす
 梅酢(りんご酢や穀物酢でもOKだろう)と亜麻仁油(オリーブ虻田でもOKだろう)、塩、こしょう、イタリアンハーブミックス(ドライ)を適当にまぜて、キュウリ・ドレッシング。


 これが我ながら大正解。もにかるオリジナル・レシピに堂々初回エントリー。
 ウェッジウッドのミルク色のディナープレートに盛り付けると、ちょっと高級料理に見えるっしょ。

甘さ、酸味、スッキリ感のバランス大変結構。
暑い夏にしばらくハマリそうだ。


Ristorante e Pizzeria IVO.JPG


 で、夜のイタメシはレストラン広尾1丁目明治通り沿いのRistorante e Pizzeria IVO(ピッツェリア・イヴォ)。お店はナポリ風(料理もインテリアも)。
アンティパスト(冷・温)も仔羊(ラムチョップ)のステーキ・ローズマリー風味ピッツァポルチーニ茸のクリームソース・タリアッテッレも美味しかったわーい(嬉しい顔)のだが、久々集う仲間との会話に熱中しすぎて、全然写真撮らずふらふら

 それにしてもお昼の低カロリーも泡と帰す高カロリー摂取。楽しい会話と高カロリーディナーもたまにはいいなぁハートたち(複数ハート)
posted by もにかる at 00:02| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

★久しぶりに花散歩

060702花散歩:江川.JPG 060702花散歩2.JPG


徹夜のワールドカップ観戦でナチュラルハイのままお外へ。

日焼けの心配はないな、と思ってちょっと遠くの遊歩道まで。

ボランティアによる整備された川べりの道。

クチナシの香りが風に乗っていい感じ。

そしてもう、アゲハ蝶を見た!


060702花散歩11.JPG


060702花散歩5.JPG 060702花散歩9.JPG 

060702花散歩4.JPG 060702花散歩13.JPG 

060702花散歩10.JPG 060702花散歩6.JPG

060702花散歩3.JPG 060702花散歩7.JPG
posted by もにかる at 22:13| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。