2006年04月29日

★緑の造形

るんるんみどりのそっ・よっ・か〜あぜぇ〜 いーい日だなーーるんるん
…というCMソング。
これって学校で習った歌だったかな?
虚を突かれた気分。
だって記憶の外の音楽だったからー(笑)。

060429ベビー蔦.JPG

葉っぱの直径1センチもないちっちゃな蔦(ツタ)。
まるでペーパーアートのよう黒ハート

060429ガーデニングアート.JPG

生け花やフラワーアレンジメントではよく使う技法を
まさか人の家の庭先で見るとは思わなんだ。
まとめてギュッ。

posted by もにかる at 13:29| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

鯉ヘルペス

060428ミニバラ.JPG     060428つつじ.JPG
ミニバラとツツジ


060428サッカー.JPG     060428女子ホッケー.JPG
サッカーと女子ホッケー


060428ペンキ塗り1.JPG     060428ペンキ塗り2.JPG
マンションのペンキ塗り


060428江川.JPG 060428江川の鯉1.JPG 060428江川の鯉2.JPG
遊歩道の鯉


と思ったらバッド(下向き矢印)


060428鯉ヘルペス.JPG


060428鯉のぼり.JPG
 
5月5日はヘルペス鯉供養の日ってか…


posted by もにかる at 13:17| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

懐古モード

 
特に行きたいのはコレ
もにかるには全作品ヨダレもの
エンジン全開で1日分のノルマを消化して、毎日通うかなー。
でも帰宅して10時じゃあ、その後仕事もちょびっとしかできん…。
あー、スティーヴ・マックィーン!植木等!

『昭和30年代の日本』DVD0001.JPG    菜穂 オ五三_edited.JPG 

こういう時代。
posted by もにかる at 10:58| ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

DHCアイラッシュ・トニックの奇跡

060426DHCアイラッシュ・トニックの奇跡.JPG


 怒涛のように翻訳の素材があれこれ届く。玄関じゃ宅配便とか郵便局とかがガチンコハチ合わせだったり(笑)。
 テレビ画面とパソコン画面の両方を見ながら脳汁絞るから、目がショボショボ。こういう仕事の時の必需品は目薬クロマニン(サプリ)と、冷蔵庫に冷やしてあるアイマスク
 時々手鏡で目の乾き具合、充血度などをチェックするわけだが、突然ものすごいことに気づいた。
睫毛が伸びてるexclamation×2exclamation×2exclamation×2
 その素がDHCのアイラッシュ・トニック。ネットで買って届いてからまだ3日目。利用者のクチコミで「睫毛だけじゃなくて眉毛も生えてきた!」という話が広がり、それで半信半疑で買ってみたの。
 なんせもにかる、上の睫毛はまともに量も長さもあるんだが、下睫毛が皆無に等しかった。下睫毛にマスカラつけてパッチリなんてこととは一生縁がないと思ってた。
 そしたら〜〜。マスカラがつくじゃないの!!! 
これはまさしくミラクルぴかぴか(新しい)ですっ
 
posted by もにかる at 18:39| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | お気に入りの一品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

B型によるB型のための…

060425ガストの朝食.JPG   060424Sガスト.JPG

今日は寒いですよー、とお天気お姉さんが言うのだが
見た目暑苦しい格好はなんだか、と薄着の中に
腰にホカロン貼ってウォーキングに出たら
カチカチ山(←わかる?)じょうたい〜〜(汗)あっちっちぃあせあせ(飛び散る汗)

時計6時にケータイの目覚ましで起きて6時半に体操をし、
ウォーキングくつの出先で朝食レストランとって新聞に目を通す目
これがもにかるの朝の定番。

出先の朝食は早朝なこともあって、店が限られるのだけれど、
たいがいはデニーズ、ジョナサン、ガスト
なぜマックやミスドを使わないかと言うと“米”が必須だから。
パンより腹持ちが良く、午前中の脳の働きがいい実感があるから。

で、今朝はガスト。と言ってもカウンターだけのクイック・ガスト
同じカウンター店の【松屋】や【吉牛】は慶応の男子学生がすずなりで、
オバサンにはさすがにちょっと気恥ずかしく(まだ恥らいというものは捨ててないの)。
上の写真は前に撮ったもので、
今朝は選べる小鉢は温泉たまごじゃなくて納豆。
これを白菜の浅漬けと混ぜてご飯に乗っけ、海苔で巻いて食べるのがナイス。
紙のように薄いシャケもご愛嬌。あとワカメの味噌汁。390円。

隣の客♂がかなり怪しい
ご飯おかわり自由を最大限に活用してるのだが、それにしても
シャケで1膳、おしんこで1膳、海苔で1膳、納豆で1膳、
最後に残ったご飯を味噌汁に投入してネコマンマあせあせ(飛び散る汗)
で、彼は全然太ってないたらーっ(汗)
鈴木その子式

060425藤の花.JPG あ、それで本日の本題。
 『B型』。
 最近とみに自分のB型気質の濃度が高くなりつつある
 (ますます我が道を行く)のを感じていて、
 ググっていたら爆笑サイトに到達した。
 B型によるB型のためのB型の研究exclamation×2
 ゆっくり勉強させてもらいますー。
 (本題より前置きが3倍長い…どうせB型ですから〜
posted by もにかる at 09:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

感涙。60年代『土曜洋画劇場』のこと

最高にシアワセな気分なので、文字はピンク色(笑)。B型つながり、Ryuさんのブログ東京航海日誌淀川長治さんの話題。その中には彼が長い間解説を続けた日曜洋画劇場が元は土曜洋画劇場だったと
そうなのよっexclamation×2
両親が大のハリウッド映画好きで、ちっちゃい頃から映画に親しんでいたもにかる。
どこをどう探しても情報に行き当たらないんだけれど、
最初は土曜洋画劇場は土曜の午後3時からだった(とB型らしく思い込み)。
それが夜に移って、ほどなくして日曜に移った。
昼間の時から淀川さんが解説していたかどうかの記憶は曖昧(いきなり弱気)。

なぜこの話にもにかるがここまで激しく反応したかと言うと…
その土曜洋画劇場で見た白黒の娯楽西部劇「悪漢バスコム」っていう1946年作品、子供心にものすごく感動して、
ずっとずっと忘れられないでいた映画なの。

それを父と一緒に見ていて、父は映画そのものよりも、
異様に興奮してみている娘の姿が妙に印象的だったらしく、その後何十年も経って、
「あの日のお前はコーフンして大変だった、昨日のことのようだ」
とよく話してくれた。

『銀行襲撃に失敗して逃走する悪漢バスコムと二人の手下が、新天地を求めて旅をするモルモン教徒の一行に出会った。一行が開拓費用の金塊を持っていることを突き止めたバスコムたちは、それを奪うため彼らと一緒に旅をする。やがてバスコムは、一行の幼い娘エミー(マーガレット・オブライエン)と知り合い、年齢を超えた友人となっていく。そして、インディアンが襲撃してきたとき、バスコムは幌馬車隊を指揮して、彼らを守り抜く決心をするのだった……。』
 こういう物語なんだけど、ビデオってものが存在してないらしい(号泣)。

で、Wikipediaから全作品放送リストを見つけ出した。その中に「悪漢バスコム」。
 私の記憶力もまんざらじゃないかも(と、すぐ調子にのるB型)。
posted by もにかる at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの一品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親切なのか不親切なのか

 
060424電話ボックスのステッカー.JPG 

もうどれだけの間、公衆電話というものを使ってなかったかな。
家の近所の電話ボックスは
通りがかりの人より衝突事故が起きた時の
緊急電話のような使われ方。
見通しの悪いゆるいカーブで
深夜は交通量が少ないので
何年かに1度は事故があるのだ。
その中に貼ってあったステッカー。
こんな注意事項貼るなら
ボックス自体の設計を変えりゃいいのに、NTT。

すぐ前の電柱には…

060424広域避難場所.JPG

今どきはこういうものも4ヶ国語。
ディズニーランドみたいだな。
これは結構親切。
公衆電話は国際電話OKだから
災害時に在住外国人は、役に立つスポットか。
ならステッカーも4ヶ国語でお願い。
posted by もにかる at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

雨が降る前に

今日は朝から雨と聞いていたのでウォーキングはNGかと思ったら降ってなかった。ので、いつもと違う方向へ。
060423ネコ.JPG
ネコ

060423イヌ.JPG
イヌ


060423アリダ・バリ訃報.JPG 新聞で名作『第三の男』のアリダ・バリの死を知る。一昨年他界した父が大好きだった女優(戦争に持って行った写真はマーナ・ロイだったらしいが)。正統派の知的な美女って感じ。彼女の故郷ローマは父が30歳の時に仕事で長く滞在した場所だった。イタリア人気質が肌に合っていたみたいだった。(50年も前の話:汗)
posted by もにかる at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春色レシピ:蚕豆と海老と玉子の炒め物

街に自然の色が溢れる季節…

060422緑の並木.JPG みどり

060422タンポポ.JPG きいろ
060422紅白の花みずき.JPG こうはく

で、もにかるの思考回路はこういうことに。左斜め下

豆と海老と玉子v゙uめ物.JPG 蚕豆海老玉子の中華炒め




【材料】
蚕豆(指宿産)・むき海老・卵
ねぎ・ショウガ・日本酒・片栗粉・サラダ油・塩・白コショウ・水溶き片栗粉
※卵は割りほぐす前に白身(卵白)の一部をよけておく



【作り方】毎度アバウト
1.蚕豆(はさやつきを買った方が圧倒的においしい)を茹でる。熱湯にひとつまみの塩。3分。
2.海老に塩・コショウ・片栗粉(少量)・日本酒数滴をふりかけ、手で揉んで味をなじませる。最後に箸先でよく叩いた(ドゥルルってつながらない程度に)卵白を合わせて混ぜておく。
3.ネギとショウガは油の風味付けなので、端っこでOK
4.フライパンに多目のサラダ油を熱し、溶いた卵を入れ強火。油が多ければ一気にフワァあぁあっとなるのですぐに火を止める。皿に取り分けておく。
5.改めてフライパンに油を熱し(好みでゴマ油でも)、ネギとショウガの切れ端を入れて香りを移したら取り出す。
6.2の海老を炒める。炒めすぎないこと。
7.さらに蚕豆と4の炒り卵を加えてさっと炒める。
8.塩、コショウ、日本酒(大匙1くらい)をふりかけて混ぜる。お湯をスープがわりに投入。最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。
posted by もにかる at 09:35| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

ラグビーも人気あるんだ…

060422少年ラグビー.JPG


近所のラグビー場(私立大学の)。地面が人工芝になってから、よく眺めるようになった。人工芝になる前は雨の後の練習や試合があまりに泥んこで、ルール全然知らないもにかるゆえ、眺めるなんてことは全然なかったけど。
で、今日よーく見てみたらやけに選手たちが小さい…ん?!リトル・リーグか?最年少は遠目に見ても5・6歳(フレームアウトしてるけど)。それでもファッションはいっちょまえ。ラグビーにも少年ラグビーってのがあるのかな。野球とかサッカーとか世間で注目を浴びているものだけが人気なのかと思ったら。
posted by もにかる at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

かぐや姫『神田川』

ングランキング.JPG 朝日朝刊のアスパラ・クラブ“ネクストエージランキング”
今回は【心に残る60〜70年代ヒットソングは?】というお題。
サンプル:ネクストエージ世代(50歳以上)11,813人、49歳以下の世代14,859人、複数回答(回答総数26,672人)







スペードネクストエージTOP10
1位 上を向いて歩こう 1961年 坂本九
2位 神田川 1973年 かぐや姫
3位 いつでも夢を 1962年 橋幸夫・吉永小百合
4位 見上げてごらん夜の星を 1963年 坂本九
5位 この広い野原いっぱい 1967年 森山良子
6位 若者たち 1966年 ザ・ブロードサイド・フォー
7位 ブルーライトヨコハマ  1968年 いしだあゆみ
8位 遠い世界に 1967年 五つの赤い風船
9位 ブルー・シャトウ 1967年 ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
10位 シクラメンのかほり 1975年 布施明
ダイヤ49歳以下TOP10
1位 UFO 1977年 ピンク・レディー
2位 神田川 1973年 かぐや姫
3位 木綿のハンカチーフ 1975年 太田裕美
4位 YOUNG MAN 1979年 西城秀樹
5位 あの日にかえりたい 1975年 荒井由実
6位 微笑がえし       1978年 キャンディーズ
7位 およげ!たいやきくん  1975年 子門真人
8位 上を向いて歩こう    1961年 坂本九
9位 太陽がくれた季節    1972年 青い三角定規
10位 学生街の喫茶店     1972年 ガロ

そもそも今や街ネタにもなかなか取り上げられなくなった“銭湯”いい気分(温泉)が舞台の、今の若者には想像もつかないだろう「貧しくも一生懸命だった恋愛」をしみじみ語る歌詞の「神田川」両方の2位ってのがスゴイ目
KaguyahimeHomepageブログ南こうせつさんのエントリーをご覧あれ。
 その銭湯は新宿区西早稲田にあった「安兵衛湯」だった、などのエピソードは神田川のページなど。
 ちなみに、家にお風呂があったもにかるのNo.1は「学生街の喫茶店」。偶然なんだけど“ガロ”という名の喫茶店がデート場所だったから。いろんな思い出がつまってる歌。
posted by もにかる at 11:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

本日の速攻メシ

060420本日の速攻メシ.JPG

仕事の都合があっても何がなんでも8時までには夕食を済ませたいもにかる。今夜は軽く、味の素の“お粥さん・玉子がゆ”に大好きなコリアンダーをどっさり入れてナンプラーをタラタラっと。そこに焼いた紅鮭って、なんちゅうアジアン・ミックスやねん。サイドディッシュ(というほどのものではないが)、黒豆もやしを茹でてキムチと和えたもの。いや、これじゃ10時ごろにお腹すきそうではあるが、仕事が…(汗)。最後の砦は必殺ダイエットおやつ、寒天固めたものをサイコロに切って抹茶と黒蜜かけて食べるもんっ。
posted by もにかる at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の突風、オチョコ傘銀座

銀行に行く用事があって出かけたら、外はとんでもない春の嵐。カンカン照り晴れなのに霧雨小雨とむちゃくちゃに吹き荒れる風台風
で、商店街を歩いていたら、瞬時の突風に、少なくとももにかるの周囲の4人の傘がいっぺんにオチョコになりましてんがく〜(落胆した顔)
もにかるの傘は無事だったとは言え、それなりに風と格闘していたので残念ながらカメラを出す余裕はなく。
何が気の毒ってコンビニで傘買って出てきたらしい青年、
差した瞬間にビニール傘破壊あせあせ(飛び散る汗)してましたーーー。骨まで飛びまくり(爆)。
posted by もにかる at 14:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは買い?“消臭マナーバッグ”

060420消臭マナーバッグ.JPG 悪臭を繊維に吸着させて消臭する、特殊加工の素材を使った袋。洗濯すれば効果が復活するそうで、スポーツ後の汗臭いウェアや赤ちゃんの使用済みオムツ入れに、と書いてあるが、monicalの場合、キムチとかたくあんとかドリアンとか“臭い食材”に活躍しそう。あぁいうものを手荷物で持って飛行機や新幹線に乗ると、ヒンシュク買うんだもん。
50cm×40cm、1554円(発売:ロンアルヴィ) 
追記:あれ?でもブツの臭いがなくなっちゃうんじゃ意味がない。食品には不向きか?だってに臭い(匂いではなく)も味のうちだから。
posted by もにかる at 10:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 衝動買い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

レモンの思い出 1980夏

060419日吉のレモン-1.JPG 060419日吉のレモン-2.JPG


朝、近所を歩いていてレモンの木を発見した。
レモンが木になっているのを見ると必ず思い出すのは遠い昔の温かな1日。
時効(何が?)ってことで26年前のmonical初登場(笑)。
続きを読む
posted by もにかる at 10:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

スーパーの加工食品にも季節感

 魚蛋(魚団子)を作ろうと思ってスーパーに行ったら、すり身は冬の鍋食材だから置いてないと言う。かと思うといきなり登場したのは夏のさっぱり食材「そうめん風とうふ」待ってましたっ!つまりこういう加工食品にも季節感というのはあるのだ。
 今、仕事地獄にはまっているゆえ、好きな料理に時間をかけることもできず。だからこの「そうめん風とうふ」の発見は大変嬉しゅうございました。なんたってもにかるの大切なダイエット・ヘルシー・メニューの主食なんだから。まずそれに合わせるレトルトのタイ風レッド・カレーとパチリ。

060418豆腐レッドカレー-1.JPG


ゴロゴロの鶏肉たけのこコブミカンの葉という本格派で大好物。味はココナッツミルクベースの激辛。
 これを丼に開けて1分半チン。無調整豆乳で少しマイルドに薄め、水気を切ったそうめん風とうふを加えてさらに2分余りチン。
 最後にトッピングでコリアンダー(香菜=シャンツァイ=ホンチョイ=チャイニーズ・パセリ)。最初に食材をカメラに収めてから20分後には完食(笑)。

060418豆腐レッドカレー-2.JPG
posted by もにかる at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しいなぁ、散歩。

060418桜-1.JPG 060418桜-2.JPG 060418桜-3.JPG

060418桜-4.JPG 060418緑-1.JPG 060418緑-2.JPG
posted by もにかる at 15:14| Comment(6) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

たった2週間のうちに道は青々

060417青々の小径.JPG


060417葉のない椿.JPG060417つつじ.JPG


桜満開の頃に日本を発ち12日間留守に。戻ってウォーキングしたら、すっかりいつもの遊歩道の景色が様変わりしていた。あまり四季が感じられない香港にいたから余計、「日本の季節感は素晴らしい」と愛国的になってしまうもにかる。
葉っぱが全然ない椿の木。これってこういう種類なのか、それとも病んでいるのか。
桜は八重桜の季節になったと同時にツツジの季節にも突入。これからどんどん花が増えると思うと、それだけでウキウキする春の散歩道。
posted by もにかる at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

モード切り替え

060415携帯のエリア切り替え.JPG 11泊の香港取材旅行から戻った。時差は1時間しかないけれど“香港ボケ”は確かに存在する。
日本モードに切り替える物理的行動はまず、飛行機から降りたら携帯のエリア設定を変えること。
 そして入国審査を終えてバゲージ・クレームに降りるエスカレーターで、体内モードもようやく日本に切り替わる感じ。なぜなら香港のエスカレーターは追い越しは左側、急がない場合は右側に立つからだ。もにかるの地元関東とは逆なのでどっちに立つかで一瞬戸惑い、その時ようやく「日本に帰ってきた」と実感する次第。

 今朝明るくなって外に出たら、
マンションの中庭の桜の古木はすっかり葉桜になっていた。

060415葉桜.JPG
posted by もにかる at 17:36| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

香港:着ぐるみの中の温度が知りたい

香港のイースターバニー.JPG

香港滞在10日目。ずっとお天気がいいのはありがいことだけど
29度で湿度86%のピーカン晴れってのは
かなりキツイものがあり。
ゆっく〜〜り歩かないと、ベッタベタの汗まみれ。
いくらイースターシーズンとは言え
ご苦労様なイースターバニーの着ぐるみくん。
中の温度は50度くらいいってんじゃないの?お気の毒。
着ぐるみと言えば、長々香港にいるくせに今回も
香港ディズニーランドには足が向かず。
あっちにもこっちにもミッキーがいて
写真撮り放題というのを確認したかったのだけれど…
残る滞在あと1日。
posted by もにかる at 00:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

香港:『ブロークバックマウンテン』な2人

香港という町には世界中から
『ブロークバックマウンテン』な人々が集う。
そういうのに寛容なお国柄だし、彼らが目指すスポットはどこもお洒落だし。
そしてなんと、
モロ・カウボーイ・ファッション
まことに判りやすいカップルが私の目の前を歩いていく。
これっていわゆる
“ペアルック”?!
香港:『ブロークバックマウンテン』な2人.JPG
posted by もにかる at 07:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

香港にもお風呂屋さん?

060404クオリーベイの居酒屋.JPG


 昨日4月3日から香港に来ている。町をブラブラしていたら、新しい店を見つけた。日ごろ日本で「岩盤浴」フリークのワタクシは「え、香港にもお風呂屋さんが出来たんだ!さすが日本の流行を取り入れるのがお得意の香港!」と喜んだのもつかの間、よーーーく看板見たら居酒屋だった。
なんちゅうネーミングやねん!!
posted by もにかる at 16:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。