2005年11月28日

イカワタのパスタ

051128イカのワタのパスタ.JPG

久々の料理ネタ。う、食べ過ぎた(反省)。
ブリブリに新鮮なスルメイカを買ってきたので
ワタを生かしたパスタにしてみた。
酒飲みじゃないので、塩辛にしたって仕方ないし。

イカ、ワタ、にんにく、鷹の爪、まいたけ、プチトマト
塩、白ワイン、オリーブ油、カレー粉。


イカはワタを抜いて中身を出し(筋っぽいので)包丁で細かく叩く。

臭み抜きに軽く白ワインをふりかけておく。

身のほうは皮をむいてリングに切る。

フライパンににんにくのみじん切りと鷹の爪の輪切り少々、

オリーブ油を入れて火をつける。

にんにくの香りがたってきたらイカを入れて20秒ほど炒め

二つ切りにしたプチトマト、適当に株分けした舞茸を投入し20秒ほど炒める。

最後にワタを投入し全体をなじませ軽く塩、カレー粉をほんの少々。

茹であがった全粒粉パスタをさっとあえて出来上がり。 

デンマークのダンスク社製のプラターに盛ってみた。 
posted by もにかる at 21:16| Comment(0) | TrackBack(1) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“命の水”の威力

しばらくバタバタで、判をついた様に規則正しい生活がモットーなのに
けっこうボロボロの毎日を送っていた。
ようやく平穏な日が戻って
ウォーキングにもカメラを持って出る余裕。
私の場合、毎日の時間割は“日の出”時間で微妙に変化していく。
つまり朝日とともに歩くから、夏は5時台スタート、冬は7時近くにスタート。
まるで動物みたいでしょ。

だからついでに朝の“テレビ体操”(教育TV6時半から10分間)が復活。
その後に、カメラと新聞と仕事のタネを持って25分ほどのファミレスまで。

051128紅葉桜の落ち葉.JPG 051128本日のデブ猫.JPG

 街はすっかり紅葉。特に桜の落ち葉はすっごくキレイだ。歩いていると毎日いろんな猫に出会う。犬は散歩でもれなく人がついてるけど、猫は気まま。今日のはたいしたデブ猫だった。

051128命の水で永らえる花.JPG
 
 家に戻って、うっかり忘れていた花瓶の水かえ…と思ってかなり驚いた。この花を買ったのは確か17日。つまり10日経ってる。なのに全然花がしぼんでないexclamation&question
たしかに生命力のあるマム(菊)ではあるし、殆ど家にいなかったから暖房も使っていないけれど、それにしてもこの持ち方は異常。

命の水.JPG なんでかなーと考えて思い当たることはひとつ。
水は勝手に“命の水”と名づけた鹿児島・垂水の温泉水《寿鶴》を使ったんだった。
水としては分子が小さすぎる、とまで言われているもの。
生物とか化学とはさっぱり苦手だけど、きっとそのおかげだ。
 飲んだり料理に使ったりしているけれど、いまいちどれほどの効果か実感できてなかった。だからこの長持ち花のおかげで、ちょっと納得できた感じ。




posted by もにかる at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの一品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

鳥インフルエンザ恐怖症

image/sessesesse-2005-11-20T08:37:27-1.data

image/sessesesse-2005-11-20T08:37:27-2.data

毎朝、ウォーキング先のファミレス(今日はDenny's)で舐めるように新聞を読む。
朝日の日曜版は書評が充実していて、良き読書指南。
が、今日は昨日読み損ねた夕刊にクギ付け。
APECが閉幕して、首脳宣言の一項目に《鳥インフルエンザ対策の行動計画》があったから。
読めば読むほど不安になる。
ウィルスの突然変異で人から人にウツルようになったら、
2003年のSARSどころじゃないらしい…
あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
手洗い、うがい、鳥に近付かない…感染した鶏肉を食べるのもダメだから…
そんなことを考えてると、せっかくの日曜日が台無しになりそう。
うぇ〜ん、インフルエンザ怖いよ〜。と、1年ぶりに風邪ひいたmonical。
posted by もにかる at 08:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

紅白の司会に“みのもんた”ってどーよ

大晦日のNHK紅白歌合戦(時代に合わないタイトルだなぁ)の司会に
“みのもんた”が決まったんだって。
どうなのこれ・・・
すっかり若い視聴者を諦めたのかも(笑)
いちばん心配なのは、相手をするNHKの山根アナ(♀)。
大切な“呼吸”は合うんだろーか。
日曜夜のフジテレビ【スタ☆メン】
“呼吸が合わない”の典型(爆笑問題太田と阿川佐和子)を見てから
そういうのが、やけに気になる今日この頃。
いっそソツなく転がせる“おもいっきり”の高橋佳代子じゃ?
で、登場歌手にひとことずつ「私の健康法」をしゃべってもらって(爆)
posted by もにかる at 11:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 今日のニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

史上最強?の観光ガイド氏

怒涛の台湾2泊3日旅行から戻って一拍おいて
こりゃ、どうしても書き留めておかなくちゃ、という話題。
台湾の現地ガイド、ヨウさん(楊または葉だろう)。60代後半。
この人がなんたって今回の旅の最大のトピックスだったんであーる。

@台北の空港に着いたら普通、こちらの名前を書いた紙をガイドが掲げてるものだが、何度通路を往復しても見つからない。結局こっちがツアー名を大声で言ってやっとガイド氏登場。

Aバスに乗り込んでちょっとの挨拶。いきなり免税店ってのは行程表どおりだからいいんだけど、いつまでたっても“両替”の袋を出してくれない。だからこっちから“両替お願い”と言う。そしたら1組(1人じゃない)1万円ポッキリ。また明日ねー、だって。で、翌日持ってきてない。

B免税店終わって郊外の九[イ分](きゅうふん)に行くのはいいけど、その土地についての説明ゼロ。やけに遠くてどんどん田舎へ。私は知ってるからいいけど、何もしらないほかのツアー客かなり不安げ。

C到着してバスを降りて1時間後に集合はいいけれど、「ずうっと行った突き当たりのとこで5時半くらいネ」。だから単純な道なのかと思ったら、突き当りが3箇所あって、どこのことやねんあせあせ(飛び散る汗)

Dそのままレストランに連れてかれたはいいけれど、店の説明ゼロ、料理の説明ゼロ、椅子に座ったら氏の姿はもう消えていた。いったい何時までexclamation&question このあたりになると、ツアー客すっかり諦めて勝手し放題(爆)。

E「おわったぁー?」とか言ってのん気にガイド氏登場。バスに乗って遠路台北へ戻る。車中ろくな話なし。と思ったら「着いたよ」と、いきなりホテルの前。まぁ、チェックインはしてくれたけど。

F「明日の朝は8時35分に下ね」。今度はやけに時間を刻むじゃないの。で「下」ってどこよ。ロビー?玄関前?こっちから聞いたら「どっちか」(爆)。

 これが初日の顛末。
 あと2日分書いていたら巻紙状態になるほどエピソードだらけ。
翌日も客をピックアップしながら全員揃ったら普通「本日の行程」の説明があるはずだけどナシ(驚愕)。もう客も何も聞かない(笑)。
故宮博物館では恐れていた事態発生13人の団体がめっちゃくちゃに散りじりになって、はぐれたんであるexclamation×2exclamation×2たらーっ(汗) しかも集合時間も聞かないうちにあせあせ(飛び散る汗) それでもすでに動じない客。悠然と展示物を見てまわり、買い物をし、テキトーに元入った場所に集まり、中の1人が駐車場のバスを呼んでくる始末。
あーーーーきりがないーーー(苦笑)。

 ところがなんだなー。このいい加減でゆるーいガイド氏、結構人懐こいいい顔するのよ。全然憎めないの。
 バスの中でキーホルダーとか怪しい漢方薬とか売りつけないし、自由時間のオプションの説明もゼロ。つまり商売っ気まるでナシ

 関西からの参加者が多かったんだけど“イラチ”なお父さんたちはカッカどんっ(衝撃)してたけど
女たちは悠然と「あかんね」のひとこと(爆)。

なんか、このガイド氏体験こそが台湾らしいなーって感じの旅だったのだ。ちゃんちゃんるんるん
posted by もにかる at 17:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

朝のファミレスに変化

八代ジョイフル1.jpg
台湾から九州。ゆる〜い雰囲気が似てて、かわりばえしない〜(笑)。
久々朝のウォーキングで立ち寄った定番ファミレス。
早朝やってるのは、ここっきゃないの。
で、驚いた。
客層がすっかり様変わり、っていうか、
客がいないexclamation&question
前はお仕事明けのホスト・ホステス
夜遊び明けのゾク…って感じで
雰囲気はよくなかったけど、人間観察は実に楽しいものだった。

でそれぞれのテーブルの上にドン!ってあったのがコレ。
八代ジョイフル2.jpg

なるほど彼らの中には
少なからず10代がいたんだろうな。
朝から盛大に飲み食い三昧、タバコもくもく。
きっと“手入れ”と“指導”が入ったに違いない。

ガランとした店内はそれなりに居心地いいけれど
台湾パブのお姉さんたちの北京語のナイショのお喋りに
耳ダンボできないのは、ちょっと…
いや、かなり残念な台湾帰りのmonicalなのであった。
posted by もにかる at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーキングの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

台湾旅行:赤・金・黄色。キンキラキンのお寺三昧

051110-1.JPG051111-1.JPG051111-7.JPG

 とにかく台湾はお寺が多くてビックリ!しかも仏教のいろんな神様がいっぺんに祀られているお寺もあったりして、お寺の中でスタンプラリーができそうな勢い。あまりにたくさんお寺を見てどこが何なのか全然覚えてないたらーっ(汗)
 ただ強烈な印象として刷り込まれたのは「はっでやなー」ということ。赤と金ぴかぴか(新しい)これに尽きる。もっのすごく細かい細工が極彩色に塗り分けられて日本の侘び寂びの理解の外だけれど(笑)、それはそれで“中華な感じ”満載。

051112-2.JPG051112-8.JPG

051111-6.JPG051112-7.JPG
051111-4.JPG051112-1.JPG
051112-10.JPG051111-3.JPG
posted by もにかる at 12:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

初めての台湾

image/sessesesse-2005-11-13T08:32:02-1.jpg10日から母親と2泊で台北ツアーに参加してきた。香港には100回以上も行ってるくせに台湾は初めて・。
友人たちから聞いていたとおり、ちょっと昔の日本にタイムスリップした気分を味わう。
映画館の前に、軽食屋台はアジア共通の風景らしい。香港と違うのは、誰も商売熱心じゃないこと(笑)。
その辺の“ゆるさ”が台湾的なんだと実感。
ただ、朝、ウォーキングで探検したいなーと思う風景は街中では見つけられなかった。ゴミゴミしていて歩道にはスクーターがズラリ。信号が青になると一斉にスクーター軍団が発進する光景が台北の街の強烈な印象。
追々、台湾で食した料理などを記録していくつもり。
posted by もにかる at 08:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

博多の夜

image/sessesesse-2005-11-09T21:21:32-1.dataimage/sessesesse-2005-11-09T21:21:32-2.data久々の博多。キャナルシティのX'masイルミネーションは(というよりビル自体が)なんだかアジアのどっかの都市のものみたい。しかもこの電飾の前には〈似顔絵屋〉が店開きしているし。
夕食は中洲の屋台で素材を生かした和食を肴に飲み慣れないコップ酒。客どうしの会話もはずんで旅の情緒を満喫。明日はここから隣国・台湾へ。
温暖化の影響か、台北は29度もあるらしい。服装に困っちゃう(涙)。
posted by もにかる at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

毒ヌキータ?!?

デトックス(毒出し)にいそしむ女子のことを
“毒ヌキータ”
と言うんだそうだ。
今ちょうどテレビでやってるの。
その特集の最初のナレーションが
「毒ヌキータの朝は早い」!!
はい、私早起きです。
051007鏡の中のワタシ_edited.JPG
(ちょうど1ヶ月前にマンションのエレベータ中で撮った鏡の中のワタシ)

でも私は掃除・洗濯・歯磨きに重曹は使わないも〜ん!

取材されてる主婦の毒ぬき生活の徹底ぶりと言ったら!!
もう義務化してるのね、生活の中で。

私は単なる一時のマイ・ブーム。つまり健康趣味。

とか言いながら、
デトックス・ティー
(ミントティ+レモン汁+生姜汁+ハチミツ)でも入れるかな。
posted by もにかる at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎年買わずにいられない日経TRENDY ヒット予測号

051106日経TRENDYと韓国本_edited.jpg

ウォーキング途中で毎朝舐めるように朝刊を眺める。
帰宅したら二度と見ない
今日は新聞と一緒に昨日買った【日経TRENDY】最新号も持参。
マーケティング会社に勤めていた時は毎月買っていたけれど
さすがに今は興味のある号しか買わない。
それでも必ず毎年11月初旬発売のヒット商品検証号は買わずにいられないの。
B型ってそうじゃない?衝動買い多くない?
それとも私だけ?

いい年になっても世の中のトレンドを眺めるのが大好き。
思えばそれは子供のころからそうだった。
流行りモノにすぐ飛びつく悪い癖。
授業料をいっぱい払って、もう昔ほど飛びつかないけど
一応頭の引き出しに“流行”をインプットしなきゃという強迫観念

いやぁ、実に楽しい。読み応えありあり。
しばらくは2006年ヒット予測で
このブログの記事も更新できそうです。

TRENDYの下に写ってるのは
「買いたい!」と思ってしまった本の広告。
オークラ出版刊【韓国人につけるクスリ】。
韓国で大ヒットのブログの翻訳単行本。

仕事は香港だけど
“韓流”の理解もとなりの引き出しにしまっておかなくちゃ。

あとで再び図書館(=本屋のこと)でチェック。

posted by もにかる at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの一品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

通りがかりの大当たり 赤坂【龍坊】

051027赤坂「龍坊」店内.jpg
ちょっと前の話。10月27日、東京国際映画祭のために赤坂に宿を取った時の事。
チェックインタイムより少し早くに着いてしまったので、近所でランチを、とウロウロ。
なんだかソソラレル中国料理店があったので
ランチタイム(14時まで)ぎりぎりで入ったら客は私一人。
で、そこで食べたランチに“アゴが落ちた”のだった。
通りがかりでこういう店を見つける至福。

で、今日、11月5日。
図書館代わりになっている本屋(の立ち読み)。
《専門料理》(柴田書店刊)の11月号の特集「今生きる、中国料理の素材と技術」の
巻頭グラビアの筆頭ににその店の料理の数々が紹介されているではないの!!!
あらぁああああ!
051027赤坂「龍坊」看板.jpg 051027赤坂「龍坊」外観.jpg

日替わりランチの中身は…

副菜2種:蒸しナスのひき肉味噌かけ+ほうれん草の豆腐ソース和え
湯(スープ):えのきと卵のスープ
主菜:豚ヒレ肉とブロッコリーの薄塩味炒め“蘭花里几”
051027「龍坊」豚ヒレ肉sハ渟・悵の薄塩磨uめ.jpg

白飯
甜品(デザート):くわいの水晶羹
051027「龍坊」くわいの水〓サ.jpg

この本格料理でたったの1,050円!!!! 

赤坂【龍坊】ショップカード.JPG
ちなみに六本木店が有名らしい(港区六本木7-8-2 アルカサール八木ビルB1F)
posted by もにかる at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 外メシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

日常の復活

051104紅葉の始まり.JPG
長い間、日記をつけられなかった。
10月22日から29日までの9日間、東京国際映画祭の取材…
ってったって、ひたすら六本木ヒルズと渋谷東急Bunkamuraで
映画を見続けただけだけれど…25本…

その間の食生活は、もにかるにあるまじき不健康なもの。
3食の外食は時間的余裕もなくメニュー選択にも限界あり。

身体は疲れていても、秀作の数々に触れて妙にハイテンション。
食べなきゃやってられんと食した料理のカロリーは
ただ映画館でじーっと映画を見るだけでは十分に代謝されず
結局は太るハメに。

とにかく30日からは
朝のウォーキングと、そこそこ私なりにパターン化した
食生活に戻すことに必死だった。

約1週間で体重も元に戻って、ようやく日常が復活した。
精神疲労はまだ十分に回復とはいかないけれど。

ウォーキングにはとても良い季節になった。
東の空に真っ赤な太陽が昇る時間は、ほぼ6時半。
朝日を浴びながらまた小さな秋を見つけるのが楽しくなりそうだ。
近所の桜並木の桜の葉っぱも少しずつ色づいてきた。
posted by もにかる at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。